インドネシア

日本語教師・外国人支援を目指すASEANに関わる和歌山な人。インドネシア ボンリエさん vol.1

ボン リエさん

ボン リエさんってこんな人

和歌山市出身。高校卒業後、短大入学と同時に大阪へ。

昔から海外移住への憧れがあり、2年半オーストラリアへ長期滞在。のちに中華系のインドネシア人と国際結婚し、インドネシアへ6年移住。

現在は日本に拠点を置き、日本語教師を目指し勉強中。KEGキャリアアカデミーで外国人材紹介や支援業務を行っていた経験もあり、今後もASEANと関わる業務に携わりたい。

今回インタビューさせていただいたボンリエさん。昔から海外移住への憧れが強く、ワーキングホリデーや長期滞在、国際結婚後にインドネシア移住など様々な経験をされています。

現在は日本に拠点を置いていますが、将来は海外移住を視野に入れており、日本語教師になるため日々勉強に励んでいるのだそう。

そんなボンさんのインタビューを2回に分けてお届けします。vol.1はワーキングホリデーで訪れたオーストラリア生活や、留学に関するアドバイスなどをお聞きしました。今後、海外留学を検討される方におすすめの記事になっているので、ぜひ読んでみてください。

わっとで繋がる和歌山な人々

ライター・高野

わっと編集部の高野です。

今回は、すでにインタビューさせていただいた「坂本先生」からのご紹介ということで、素敵なご縁をありがとうございます。

ボン リエさん

いえいえ!とっても嬉しいです。

他にも「ワルンバリ」さんも知り合いです。お店の前オーナーの方もインドネシア繋がりで、知っていたんです。

ライター・高野

わぁ!そうなんですね。

なかなか和歌山で住んでいると出会うきっかけがないですが、わっとを通じて繋がることはとっても嬉しいです。

ボン リエさん

ですが、最近は外国人が街に出たり交流する機会がグッと減ってしまいました。

これからはもっと皆が気軽に知り合えたり、情報共有できる場が増えると嬉しいです!

2年半滞在!オーストラリアで過ごした濃い時間

ライター・高野

ボンさんは色々な経験をされていますよね。

短大卒業後、様々な仕事に就いたのち、ワーキングホリデーに行かれたのだとか?

ボン リエさん

ワーキングホリデーに行くきっかけは、当時の職場の先輩に

「ワーキングホリデーは30歳までだから絶対に行った方がいい!」と言われていたんです。

元々海外が好きだったし、長期滞在するつもりだったので、お金を貯めて行きました。

ライター・高野

驚いたのは、当時のワーキングホリデーはカナダ・ニュージーランド・オーストラリアの3ヵ国しかなかったそうですね!

ボン リエさん

そうなんです!今はたくさんの国がありますもんね。

わたしは寒いところが苦手!という理由一択で、オーストラリアに決めました(笑)

ライター・高野

旅行では色々な国に行っていましたが、オーストラリアが初めての長期滞在だったそうですね!

どのぐらいの期間滞在されたんですか?

ボン リエさん

ワーキングホリデーのビザで1年、ビジネスビザで1年半、合計2年半滞在しました。

1度も帰国せず、行きっぱなしでした!

ライター・高野

ボンさんはなぜ海外が好きなんですか?

ボン リエさん

わたしの場合は、自分の個性が素直に出せることや、何の偏見もなく周りの方が受け入れてくれるところです。

オーストラリアの英語事情

ライター・高野

オーストラリアで大変だったことはありましたか?

ボン リエさん

小中高ではアメリカ英語を学んできましたが、オーストラリアの語学学校ではイギリス英語だったんです。

英語は英語でも、発音や単語が違ったんですよね。

街に出るとオーストラリアの訛ってる英語だったので、来た当初は大変でした。

ライター・高野

日本語でいうと、各地の方言のような感覚でしょうか?

ボン リエさん

そうです、そうです!

関西弁だけど、大阪と京都は少し違うなぁ……という感覚ですね。

語学を身に付けるためのアドバイス

ライター・高野

読者に向けて、ボンさんの経験から得たアドバイスなどお聞きしたいです。

ボン リエさん

今でこそ自分の意見を言える方が増えてきましたが

わたしがオーストラリアに滞在していた頃は、まだ日本人はシャイで自分の意見を伝えられない……という印象が強かったんです。

なので、常にYES・NOをはっきり言えるように努めていました。

ホストマザーに質問をされても、積極的に意見を伝えるようにしていましたね。

ライター・高野

わたしも海外に行くと、どうしても言葉が伝わらなくて

意見を言えずもじもじとしてしまいがちです……。

ボン リエさん

もうひとつは、ある程度ベースの勉強をしておくと現地でもスムーズに頭に入ってくるのかな?と思います。

そして積極的に街に出て、怖くても現地の生の声を聞くことが大切です。

ライター・高野

vol.1はここまで!

当時のワーキングホリデー事情や、言語を習得するためのアドバイスなど、今後役に立つ情報をお聞きしました。

vol.2では国際結婚しインドネシア移住、外国人雇用に関わるお仕事内容などを深堀りしていきます。お楽しみに!

投稿者プロフィール

髙野 麻由
髙野 麻由
和歌山県和歌山市出身のフリーライター。アジア旅にハマり、国際移住や宗教、文化などに興味を持つ。特に好きな国はインド。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!
ABOUT ME
髙野 麻由
髙野 麻由
和歌山県和歌山市出身のフリーライター。アジア旅にハマり、国際移住や宗教、文化などに興味を持つ。特に好きな国はインド。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!