インドネシア

和歌山に関わるASEANな人:食を通じてご縁を繋ぐ!インドネシア:ワヤンさん夫婦

ワヤンさん夫婦

ワヤンさん夫婦ってこんな人

和歌山市出身の仲沙織さんとインドネシア・バリ島出身のイ・ワヤン・プジャ・アルディタさん夫婦。

和歌山で本場インドネシア料理を味わえる「ワルンバリ」を切り盛りしながら、2人のお子さんを子育て中。夫婦揃ってサーフィンが大好き!

和歌山で本場インドネシア料理が味わえる「ワルンバリ」。インドネシア出身の店主が食材や調味料にこだわり、本場のインドネシア料理を振る舞っています。今回は和歌山にある小さなバリ島「ワルンバリ」へお伺いし、ワヤンさん夫妻にインタビューしてきました!

出会いは大阪!共通の趣味、サーフィンが繋いでくれたご縁

「ワルンバリ」を切り盛りしているワヤンさんご夫婦の出会いは大阪。

沙織さんは大学卒業後に大阪へ上京し看護師としてお仕事をされており、ワヤンさんは大阪の企業で会社員として勤めており、共通の趣味サーフィンを通じて出会いました。

趣味を通じて出会うなんてとっても素敵。

バリ島出身のワヤンさんはバリバリのサーファー。カッコいい波乗り写真を拝見させていただきました!

沙織さん

最近はあまりサーフィンできていませんが、子供たちとボードに乗って遊んだり、家族で海に行くこともありますよ。

ワヤンさん

日本とバリでは波の高さやパワーが全然違います。仲間たちと磯ノ浦や御坊までサーフィンしに行きますよ!

日本移住23年目!バイリンガルなワヤンさん、来日のきっかけは?

ワヤンさんは日本に来る前、インドネシア・バリ島でガイドのお仕事をされていました。インドネシアでは現地のインドネシア語に加え島々の言語があり出身地のバリ語、英語、日本語を話すバイリンガルなワヤンさん。

日本へ来るきっかけは、ガイドを通じて知り合ったお客さんがとある会社の社長さんで「旅費などすべて出してあげるから、日本けーへんか?」と声をかけていただき、ご縁があり日本で働くことに。

日本に住んで23年になるのだとか!お話聞いて驚いたのは、ワヤンさんは日本語を独学かつコミュニケーションで学び覚えたということ。なかなか会話だけでは難しい部分もあるものの、実践的に会話することが1番の近道なのかもしれません。

沙織さん

わたしと出会った時には、すでに彼は日本語がペラペラでした。勉強方法など聞いた時は、とてもビックリしましたよ!

ワヤンさん

紙で学ぶことと、実際に話すことは伝わり方や雰囲気が違います。口に出して話すことが、1番早く日本語を覚えられると思います。

バリ島の食堂・ワルンバリOPENの裏話

2020年4月にOPENした「ワルンバリ」は、実は2代目となるインドネシア料理店。前店主もインドネシア出身の方で、故郷に帰る前に後継者を探しておりワヤンさんに声が掛かりました。

後継者のお話をいただいた際は「回ってきたチャンス」だと思いながらも、当時家族で京都移住することが決まっており、会社の手続きや家の引き払い、長女の小学校の手続きなどを終える寸前だったのだそう。

今からでは間に合わない…と内心思いつつも、もう1度夫婦で話し合いをすることに。

実は以前からインドネシア料理店を開きたいと夫婦揃っての夢があり、物件探しをしていました。せっかく回ってきたチャンス!きっとこのチャンスを掴まないと次はないかもしれない…。

「やらへん後悔よりやった後悔の方がええんちゃうか」と和歌山移住を決意します。

夫婦で新しいチャレンジを決意し「失敗したら失敗したでええやんか!」と準備を進め無事オープンにしますが、同時に世界中でコロナが大流行!

現地から取り寄せている調味料や食材は譲れないお店のこだわり!オープン当初はコロナの影響で食料の調達に苦労したり、大変な時期を過ごしていたそう…。

最近は少しずつ緩和されているとはいえ、ワヤンさんの出身地・バリ島は現在もロックダウン中。それでも家族や夫婦の力を合わせて、2021年4月でオープン1年となりました。

現地から取り寄せている食材や調味料!こだわりが詰まった本格インドネシア料理

店内の雰囲気はまるで小さなバリ島!メニューやドリンクも本格インドネシア料理が楽しめると話題です。

和歌山には約100名ほどのインドネシア出身の方が住んでおり、皆さん懐かしい故郷の味わいを楽しみに来るのだとか。

少しずつお店の認知度も上がり、常連も増え「日本とインドネシアの架け橋になりたい!」と今日も夫婦揃って皆さんをお出迎えしています。

人気メニューは特製ソースを絡めた唐揚げのアヤムゴレン!他にもナシゴレン(バリ風焼き飯)やミーゴレン(バリ風焼きそば)など、おすすめメニューが盛りだくさん!初めての方でも食べやすい味わいなので、ぜひ訪れてみてください。

今後はバリ島でも事業を広げていきたい!

今後は「バリ島でホームステイや飲食店など日本とインドネシアの架け橋になれる新しいことにもチャレンジしたい」と話してくれました。

夢や目標を持ちながら、今を大切に過ごされているワヤンさん夫婦。とっても、とっても素敵でした。

お2人の柔らかい雰囲気や、話していると自然と笑顔になる温かい人柄に終始癒されたインタビュー時間はあっという間でした。

ぜひ皆さんもお店でお2人の美味しい料理と会話を楽しんでくださいね。

ランチ、ディナーと2部制で営業しておりInstagramではお2人の日常やお店の情報などを発信しているので覗いてみてください。(ご予約やお問い合わせなどもお気軽にDMからどうぞ!)

ワルンバリ

住所:〒640-8365 和歌山県和歌山市岡北ノ丁15-1 2階

営業時間:ランチ11:00〜14:00/ディナー18:00〜23:00

電話番号:070-1813-6899

定休日:月曜

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/warungbari_new/

ワルンバリ・ワヤンさん夫婦

和歌山市出身の仲沙織さんとインドネシア・バリ島出身のイ・ワヤン・プジャ・アルディタさん夫婦。
和歌山で本場インドネシア料理を味わえる「ワルンバリ」を切り盛りしながら、2人のお子さんを子育て中。夫婦揃ってサーフィンが大好き!

沙織さん:和歌山市出身
ワヤンさん:インドネシア・バリ島出身

投稿者プロフィール

髙野 麻由
髙野 麻由
和歌山県和歌山市出身のフリーライター。アジア旅にハマり、国際移住や宗教、文化などに興味を持つ。特に好きな国はインド。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!
ABOUT ME
髙野 麻由
髙野 麻由
和歌山県和歌山市出身のフリーライター。アジア旅にハマり、国際移住や宗教、文化などに興味を持つ。特に好きな国はインド。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!