その他の国々

【和歌山で働くAsiaな人】忙しい毎日ヨガを落とし込む大切さとは? インド式ヨガ講師 ガネーシュギリさんvol.2

ガネーシュギリさん

ガネーシュギリさんってこんな人

インド・ニューデリー出身。インド式ヨガ講師。

和歌山を拠点に、国内だけでなく海外にも活躍の場を広げている。

積極的に社会活動にも参加し、自然かぞく食堂やチャリティーイベントなども行っている。

健康で明るい社会づくりの健康法のひとつとして、アーユルヴェーダの教えをもとにヨガを伝えている。

ブログ:http://yogasekai.ikora.tv


vol.1(前回の記事はこちら)では、ギリさんの生まれの地・インドに関することや、和歌山移住のきっかけをお聞きしました。

vol.2では、ヨガ講師になるまで今後の活動について深堀りしていきます。

現在ヨガをされている方も、まだされていない方にも届けたい!ヨガをするメリットや生活に落とし込む大切さや想いが詰まったインタビューです。

幼少期からヨガを学ぶ環境で育つ

ライター・高野

ギリさんがヨガを始めたきっかけは?

ギリさん

始まりは、幼少期に遡ります。

わたしが通っていた学校では、毎朝全校生徒でヨガをしていました。

そして、家族でリシケシュ(ヨガの聖地と呼ばれる街)やハリドワールにお祈りの習慣で通っていました。

当時は、お祈りの延長線でヨガのポリシーや基本の哲学を学んでいました。

ライター・高野

インドでは宗教観で神様にお祈りをしたり、決まった曜日にお寺にお参りに行く方が多いですよね。

インドの生活には、自然とヨガが取り込まれているんですね。

ギリさん

子どもの頃は、そういった何気ない日常が当たり前だったんです。

ですが、高校時代になり哲学や基本だけじゃなくポーズにも興味を持ちました。

ヨガには異なるポーズがあり、さらに深く学ぼうと思ったんです。

ライター・高野

なるほど!ギリさんの場合は、ヨガの基本となる哲学を幼い頃から身に付けていて、後にポーズを学ぶことになったんですね。

ギリさん

自分のためにと思って学び続けていました。

ずっと学び続けていた訳ではなく、学生時代は休みの期間を利用したり…。

幼少期の頃を入れると、ヨガに触れたり関わった期間は、約20年になります。

ヨガを通して伝えたいこと

ライター・高野

指導を始めて11年目だそうですね。ギリさんにとってヨガとは?

ギリさん

ヨガはひとつの健康法だと思います。

自分と自分の周りを健康でいる生き方、肉体的だけではなく精神面(メンタル面)も含めて、健康で元気で明るい社会作りに繋がる健康法なんです。

ライター・高野

ヨガはポーズではなく、日常生活に落とし込むことでメリットもあるんですね。

ギリさん

わたし自身、ヨガのポリシーや考え方をベースに様々な活動に繋げています。

子ども食堂や家族食堂では食生活に関することを。

チャリティーイベントでは、日本全国に向けてイベントなども行っています。

どれも”明るい社会になってほしい”と願いを込めています。

ライター・高野

ギリさんのヨガは、日本人に合うポーズや考え方を取り組んでおられるのだとか。なかでも、四季に合わせた食生活関に興味を持ちました。

ギリさん

四季ごとに、衣替えをしますよね。

それと同時に、食生活や飲み物も変えていかないといけません。

例えば、秋になると冬支度を始めて、温かい服の準備を始めますよね。

ですが、飲食店では寒い冬でも氷の入ったドリンクが出ることもある…

外は温めても、中から冷やしてしまうと悪循環です。

ライター・高野

氷が入ったドリンクにとても驚かれたそうですね、インドでは暑い時期でも、いつもチャイは熱いですよね。そういった部分も、インドは自然と日常生活から日本と違うなと感じます。

ギリさん

環境や状況に合わせたもの。

そして季節ごとに、合うものにシフトチェンジすることが大切なんです。

わたしが伝えるヨガでは、動き(ヨガではポーズ)や考え方を環境や状況に合わせて、さらに日常で取り込むことが大切だと伝えています。

ライター・高野

ヨガには、たくさんの宗派と呼ばれる”スタイル”が異なることも話題ですよね。ギリさんが教えているヨガはどんなスタイルなんですか?

ギリさん

様々なヨガがありますが、目的が異なることが決め手です。

自分にとっての必要性を感じて、どのスタイルが合うか決めると迷わないと思います。

わたしはざっくりと【インド式ヨガ】と伝えています。

が、優しいハタヨガをベースに、日本の環境に合うようにアレンジして伝えています。

忙しい時間にヨガを落とし込むメリットとは?

ライター・高野

日常にヨガ取り込むメリットとは?

ギリさん

日本人は働き過ぎだと世界でも言われています。

とても頑張り屋さんな分、男女ともにストレスがとても多いです。

そんな日常にヨガする時間を取り込み、癒しを与えることでより良い社会になると思います。

ライター・高野

最近は会社向けのヨガも人気ですよね。忙しいとどうしても目の前のことばかりに目を向けがちです。そんな時にヨガを取り組む大切さとは?

ギリさん

忙しいからヨガをする時間がない…ではなく、忙しいからこそ少しでも体と心を休めるヨガを取り入れてほしいんです。

たった15分、呼吸法を活用してリラックスするだけでも心が落ち着きます。

忙しいからこそストレス発散の時間を作ることの必要性があるんです

ライター・高野

実はわたしも忙しいを理由にヨガを毎日続けることができなかったんです。振り返るとテレビを見たり、携帯を触ってる時間の15分でヨガができるのに…。

ギリさん

ヨガをすることによって時間が減るではなく、時間を作る方法が見つかってくると思うんです。

続けることで、やってて良いものや悪いものが明確になる。

さらに時間の優先順位が変わってくるんだと思います。

現在のヨガ教室と今後について

ライター・高野

今お弟子さんはいないんですか?

ギリさん

いないんです…。募集中です!

ライター・高野

どんな方をお迎えしたいと考えていますか?

アイコン名を入力

ヨガは形やポーズという認識が多く、その基本である考え方や哲学を知ろうとする方が少ないんです。

自分のためだけではなく、学びを広げてほしいです。

知恵を右から左に流すのではなく、活かしてほしい。

そして、花を咲かせてほしいです。

そういった方を弟子に迎えたいと思っています。

ライター・高野

ヨガ教室の生徒さんの年齢層はバラバラですか?

ギリさん

30〜40代の方が平均ですね。

何歳からでも歓迎です!若くて中学生、高くて80代の方が参加しています。

ライター・高野

和歌山の様々な場所で教室をされていますが、情報などをチェックできるものはありますか?

ギリさん

ブログを更新しています。

体験なども大歓迎なので、チェックしながら気軽にご連絡ください。

http://yogasekai.ikora.tv

ライター・高野

2回に渡ってギリさんの素敵なインタビューをお届けしました。

ヨガは奥深く、忙しい現代人にとって必要性のある健康法だと思いました。

ぜひ、ギリさんのインド式ヨガを体感してみてください!

インド式ヨガ

【講師】ガネーシュギリ

お問い合わせ:yogasekai@yahoo.co.jp

Facebook:ganesh.giri.7

和歌山ヨガ教室開講場所:秋葉山プール、ビッグウェーブなど数ヶ所で開催

ABOUT ME
髙野 麻由
髙野 麻由
和歌山県和歌山市出身のフリーライター。アジア旅にハマり、国際移住や宗教、文化などに興味を持つ。特に好きな国はインド。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!